選びに選んだ1本のマスカラ・・・

なんだかまぶたが痒いなぁと思ったのは半年前でした。まつ毛付近が痒かったので、もしかしてマスカラが合わなくなった?と思ったのですが、なかなか合うものがないのです。
それまで10年くらい使用していたマスカラは、マジョリカマジョルカのコーム型で、がっちりと固まるタイプのものでした。高いマスカラでもダメ、同じマジョリカの他のタイプでもダメ、とにかくいつものマスカラでないといけなかったのです。
というのも、私は奥二重でまつ毛も短く、スンと下に向かっているので、カールが持続しないのです。そして、ウォータープルーフでなければ、下まぶたが段々と真っ黒に染まっていってしまいます。
ただ、マスカラが合わなくなったとなれば話は別です。眠たいの?と言われるほどぼんやり顔なのでマスカラを塗らないわけにはいかず、とにかく調べ、店舗に行き確認し吟味しました。買ったはいいけど、また合わないなんて事になったら意味がないし、事実いままでも、値段に関わらず、試しては合わずを繰り返していたので必死です。
そして見つけました。D-UPのパーフェクトエクステンションマスカラです。美容成分配合で何だかまつ毛に優しそうだし、ウォータープルーフなので、まぶたが真っ黒になる心配もありません。それなのにフィルムタイプでお湯で落ちるし、某口コミサイトでも4.8の高評価です。これしかないと思いました。
3種類あったのですが、私のまつ毛は重いものをつけると100%下がってくるのが分かっていたので、なるべく軽そうなタイプを選びました。これならば、ストレートまつ毛のカールをキープしてくれるに違いないとウキウキで購入です。
根本に少し塗って乾かして、次は毛先だけ塗ります。こうしないとマスカラを塗った重みにまつ毛が耐えられないのです。塗り方は完璧でした。しかしなんとストレートに戻っているではありませんか。そんなはずないと思って、とりあえずビューラーでもう一度カールしてみたところ、今度はまつ毛が束になりました。そしてカールがかかりません。
結局、私には全く合いませんでした。あれだけ調べて吟味したのに、全くです。塗るそばからカールが落ちるので、下まぶたに直接マスカラがついてしまうくらいカールが持続しませんでした。
口コミって、やっぱり千差万別なんですね。たくさんの人がいいと言っても、私みたいに全くダメな人もいるんだと痛感しました。それ以降、そのマスカラは、カールが必要ない時チャチャっと塗る用にしていますが、ほぼ使っていません。
そして、やっぱりマジョリカのマスカラに戻りました。カールは完璧です。今もまつ毛付近が痒くなる事があるので、マスカラジプシーを続けています。

Primavistaのおしろいを使用してみて失敗だった・・・

2017年の冬に、SOFINAから販売されているPrimavistaのおしろいを購入しました。
私はいつもリキッドファンデーションをした後に、仕上げにパウダーファンデーションなどを使っていませんでした。もともとメイクに強いこだわりがある方ではないので、特にそれで問題なく過ごしていました。しかしある時、外出先で立ち寄ったトイレの鏡で化粧直しをしていて自分の顔を見たときに、リキッドファンデーションがよれていることに気がつきました。さらに、ファンデーションがまだらになっていたので肌は汚くて、こんな恥ずかしい顔で外出していたことにとてもショックを受けました。
そこで私はもう少しメイクが上手になりたいと思い、インターネットや雑誌などでメイクの方法を調べました。やはりベースメイクが大切だということに気付いて、リキッドファンデーションだけではなく、仕上げにパウダーファンデーションをしてみようと思ったのです。
ドラッグストアの化粧品売り場へ向かい、美容部員さんに勧めてもらったPrimavistaのおしろいを購入しました。使用する前は、肌がもっと綺麗に見えるようになることを期待していましたが、実際に使用してみたら、あまり変わらないように感じました。また、少し肌が白くなりすぎるかなとも思いました。しかし、リキッドファンデーションだけの時よりは、化粧が崩れにくくなりました。
今回は、美容部員の方に勧められるがままに購入したのですが、次回購入する際は、美容部員さんにメイクの方法などを教えてもらいながら、実際に試してみてから購入しようと思いました。また、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションは同じメーカーで合わせたほうが良いのかなとも感じました。

※徹底比較【ポリピュアEX vs チャップアップ】損しない選び方!